top of page

新しい1年の始まりに所感

あけましておめでとうございます。


2023年元日は清々しい青空と冷たくも澄んだ空気が染み込む、気持ちの良い朝から始まりました。

午前中は一家で地元の神社へ初詣に行き、午後からは年賀状やLINEからの挨拶を確認しながらゆっくりと過ごすことができました。


時間的にも気持ち的にも忙しかった昨年。

毎日が時間に追われていつの間にか1年が終わっていました。


昨年末、通っている病院である講座を受け、スケジュールを視覚化するやり方を学びました。

視覚化するやり方は様々あるのですが、私は簡単にパソコンの表計算ソフトを使って1週間ごとの予定表を作成し、リビングの一角に貼り出すことをしました。

作成のポイントは、「簡単、ごちゃごちゃしない、シンプル、家族が書き加えられる」こと。

これがなかなか家族に好評でして。

予定がパッと目に入ると頭にスッと入るので忘れないんですよね。

写真でお見せすることができないのが残念。


また、1月1日から日記帳も新調しました。

前のは3年日記で、書くたびに1年前2年前を振り返るのはちょっとした楽しみでした。

毎日は書けなかったけど。

今回の日記も3年日記。今度こそは毎日書きたい。



1年の始まりにカレンダーや日記を新しくすると気持ちも新たになります。

いったん終わってまた始まる。

まるで生まれ変わるのと同じ。

新年を迎えることは何かを終わらせることと何かを始めるには良いタイミングです。


このタイミングで、どんな年にしたいか考えるのも良いですね。


私は、時間に余裕を持って丁寧に過ごすこと、を目標にしました。

そのためには、上記の1週間の予定表と日記を続ける。

私にとってはハードルの高い目標です。


続けたら年末はどんなふうになっているか?も楽しみの一つです。





























bottom of page