top of page

セッションが短時間で上達するためのコツはあるの?

更新日:5月9日

目指すセラピストの姿はありますか?

オンラインで開催しているセッション上達講座では、カラーセラピストだけでなくカウンセラーや他のシステムのセラピストさんも受講していただいています。

初心者さんの受講が多いのであまり実践の経験がない方ばかりですが、

講座の中でお話を聞いている中で、「どんなセラピストになりたいか」「どんなセッションを目指したいか」がはっきりしている人とまだあやふやな方の違いを見ることができます。

はっきりしている方はセッションの練習を積極的にしている、

まだあやふやな方はあまり他者へセッションをしたことがない、という経験の違いです。


私はカラーセラピストになったばかりの頃は、どんなセラピストになりたいか?なんて考える余裕もなかったし、毎回のセッションをするだけでも大変でした。

ただ、「教えてくれたカラーセラピーの先生みたいにセッションしたいなあ」とぼんやりと思っていたくらいでしょうか。

どんなセラピストか、どんなセッションをしたいか、を意識するようになったのは、たくさんの方へセラピーをしたりお話を聞く中で、私なりに目指すところが時間をかけて固まってきたように思います。


受講生さんが気づくこと「経験が大事なんですね」

セッション上達講座を受講された方によく言われるのは(毎回だと思う)、

「セッションが上手になるには経験なんですね」です。

時間をかけないでお客様の心が動くようなセッションができるコツがあるかも、と期待されているのかもしれませんが、

私が目指している「思いやりの心を持って傾聴するセッション」では、「短時間でできるようになる」ことに絞ったテクニックはなくて、

受講中でお伝えしたことを繰り返しセッションの中でやっていき、

時間をかけて自分なりのセッションのコツが掴めるようになるものです。

皆さんがおっしゃる通り上達する方法は経験が一番だと思います。


集客ができていないのにどうやって経験を積んでいけばいいの?

ここも皆さんに問われる質問です(こちらも毎回です)。

セッションを受けてくれるお客様をどうやって集めるか、これって人によって違うんですよね、、、、。

口コミ、SNS、イベント出店、仕事関係など、その方の環境や外部の人との関わり方で、お客さんへの周知方法が違うので。

私はインタビューライブで色んな人とお話ししているのですが、どんなに仕事がうまくいっている方でも完璧な集客ができているとご自分で思っている人はいません。



上達するために始める第一歩は?

セッションの経験を積むことが上達の近道とするのなら、

まずは無料でお友達や知り合い、職場の人など身近な方へ練習させてもらうこと。

これは多くの人がやっていることだと思います。

お友達や家族だと中には厳しいことも言われることもありますが、大事な参考意見です。

あとは、講座で一緒に学んだ方と楽しく練習し合うこと。

気が合う人がいれば、一緒にイベント出展に参加して見るのも良いですね。

SNS で発信すること。フォロワー数にもよりますが、集客としては時間がかかるかもしれません。

発信内容によっては共感してくれる人もいます。


もし他者へセッションする勇気がないのなら、、、、

仕事としてセラピストやカウンセラーになりたいのに、他者へセッションする勇気がない。

こういう方も多い印象です。

なぜ勇気が出ないのか、自分の心に聞いてみる。

上手にできないのが怖い、失敗してしまうかも、理想通りのセッションができないかも、失望されてしまうかも、他者への警戒心が強いなど。

現実を見るのが怖いのかもしれないですよね。

そういう方は、講座の先生のセッションや他のシステムのセラピーを受けてみてご自分の本当の心のうちと向き合ってみるのも一つの手です。



地道な活動でキラキラしてはいないですが、人を癒す仕事をしたいという夢を持っているなら上達していき、お客様の信頼も得て徐々に仕事が増えていきますよ。



初心者のセラピスト・カウンセラーのためのオンライン講座

傾聴と思いやりの心を持ってセッションの場を作り、お客様に感謝されるセラピーができる方法と

セラピストマインドをお伝えしています。


引き出し上手な聞き手のプロになる☆セラピー・カウンセリング上達講座

【初心者対象】お客様の心に寄り添う優しいセッションの場を作る方法 お客様に感謝されるセラピスト・カウンセラーになる



ゼロから始める☆オンラインでセッション・講座ができる仕組み作り

 【起業の前にすべきことを全て伝授】受講後すぐにオンラインの仕組みを作成できる!

  人脈作りに労力やお金をかけたくない未経験者へ


Comentarios


bottom of page