カラーセラピー初心者Q&A「自己セラピーをするときに気をつけることは?」


カラーセラピスト初心者向けのQ&A

Q:自分自身をカラーセラピーするときに気を付けることは?

A:自分でセラピーすると頭で考えがちになります。

まずは、色選びを楽しんで、心で感じてみましょう!

カラーボトルがあると、自分でカラーセラピーできるのが良いところ。

「今日の状態はどうかな?」と占い的にボトルを選ぶことができます。

ただ、自分ですると深いカラーセラピーになるか?というと

自己セラピーはそこまでの気づきは難しいんじゃないかな?と私の経験。

色の意味が分かっているからこそ、

もうすでに頭の中は思考でいっぱいになっています。

また、聞き手のセラピストがいないと

違う視点からの問いかけがないので、

自分にとって都合の良い解釈になってしまうことも、あります。

自分でセラピーするときは

・色選びを楽しむ

・色の意味やテーマを心で感じてみる

・出てきた感情を確認する。

慣れてきたら、

出てきた感情を探って

少しずつ自分との対話をしていき、

色の意味を通してじっくりと問いかけをしていく。

繰り返すうちに

自身の考えクセや

自分との付き合い方もわかってきます。


最新記事

すべて表示

イエローは色の中で一番明るく、色彩心理的に軽いと感じる色です。 カラーセラピスト講座の時、お互いにその人を色を選ぶとしたら?とカラーボトルを選ぶのですが 私はよくイエローを選ばれることが多いです。 私のイメージが明るくて飾っていない感じがするらしいのです。子供らしいとか面白いと言われますね。 そんな風を目指してはいないのですが、他人の目には映ってしまうようです。 イエローには、そのほかに信念、個人