カラーセラピー初心者Q&A「セラピーの経験を積みたいけど、どうやって相手を見つけたらいい?」

Q:カラーセラピーの経験を積みたいけれど、どうやってセッションの相手を見つけたらいい?

A:セラピーに興味ある方は意外にたくさんいます。

  身内、友人、同僚のほかに、無料or超格安でいろんな人へセッションする機会を作りましょう。

資格を取得して、カラーセラピーができるようになったのに、

相手がいなくてはセッションができません。

では、練習する相手はどうやって見つけるか。

今回も私が実際にやってみて良かったことをご紹介します。

*****

私がまだ、カラーセラピーを他人へしたことがなかった頃。

会社の取引先だった企業3店ほど訪問して、

勇気を出して「無料で従業員さんにカラーセラピーをさせてください」と頼みました。

仕事では長い付き合いだったこともあるので、

快く承諾してくれて、

一人30分のセッションを1か月集中して、50人くらいにしました。

机上で習ったこと、頭で知っていることと、

実際に人が目の前にいて

対話してセッションをするでは雲泥の差。

想定通り・マニュアル通りに行かないことばかりでした。

この経験のおかげで、

話の聞き方や引き出し方、セラピーの締め方、などなど、

カラーセラピーのやり方を少しずつ、つかめるようになり

自信を持てるようになりました。

この無料のセッションは、

セッションの感覚を維持するために

1年ちょっと前までしていたのですが、

上司の方が異動されて知らない人になったり、

従業員の個人情報や勤務管理の変更で今ではできません。

思い立った時に動かないと、良い機会を逃してしまう、というのも実感してます。

あとは、 交流会や勉強会に出席したときに、

参加者さんにセッションをさせてもらうなど、

こちらも声をかける勇気が必要ですが、

いろんな人に会うという機会も作ることも良かったです。

私が初心者の頃に、無料セッションをやってみて良かったことは、、、

・無料だから、失敗もイマイチ感も許される

・あまり興味がない人も練習台になってくれる

 →いろんなタイプの人に対応できるようになる

 →経験の量が多くなる。

・上達して好感を持ってくれると、次の仕事につながる

 →定期的にイベント講師呼んでくれます

 →他の企業を紹介してくれました

・無料でセラピー受けた方が、お知り合いを紹介してくれた

無料や格安ですると「損した」とか「何ももらってない」と思いがちですが

実は、後にもっともっと大きなものを手にしているのです。

それに気づくのは、数年後だったりします、、。

初心者のうちにしかできないことがありますし、

私は今でも練習をさせてもらっていることがあります。

今は、出店イベントは自粛が多く、

大規模イベント以外は、ひと昔前ほどの人出はないので、なかなか体験の機会がありませんが

ネットを使ってモニター募集することもできますし、

オンライン上でセッションできるものもあります(残念ながらTCカラーのボトルセッションは禁止です)

まだ、セラピーの経験が少ないうちは

「お金をいただくためにセッションをする」よりは

「上達するためにセッションをする」が、なんの違和感なくできる時期です。

コロナでちょっと停滞しているこの時期が

水面下で経験を積んでいくチャンスだと思いますよ!