カラーセラピー初心者Q&A「クライアントの話を聴くことが難しくぎこちない会話になる」

カラーセラピスト初心者向けQ&A

Q:クライアントのお話を聴くことが難しく、ぎこちないセラピーになりますが

どうしたらいいですか? A:そもそも人の話を「聴く」ことはとても難しく、ぎこちなさは当たり前。

セラピストとしてきちんと聴く姿勢で向き合えば、

クライアントに誠実さが届き、心が通うセッションになります。

TCカラーセラピーのセッションでは「傾聴」を大事にしています。

セラピストが傾聴することで、

クライアントの悩みや感情を整理でき、

セラピストに依存することなく、

クライアント自身が前向きさを持ち、問題の解決できるきっかけにつながります。

傾聴には、セラピストがする、いくつかのやり方・方法があるのですが、

初心者やセッションに慣れてないと、ぎこちないものです。

私はカラーセラピーを始めたばかりの5年前、

お叱りを受けたことがありました。

「私の言ったことをそのまま繰り返してばかりで

何のアドバイスもないじゃない!」

TCカラーのテキストに忠実であればあるほど

期待に添えないこともあるのかもしれません。

占いのようにこちらから「あなたはこうです」と答えを言わないから。

(物足りないと感じられるのは仕方ないけど。。。下手なんだ。)と落ち込みました。

でも私は、傾聴することは絶対に大事だと確信していたので、

アドバイスをせず、聴くことに徹することをやめませんでした。

今ではテキストに忠実であることの方が大事と思っています。

数年後、

叱ってくれた方が、予約をして再びセッションに来られました。

「あなたに聞いてほしいから」

以前とは全く違う、色々と話してくれるセッションになり、

今もお付き合いがあります。

私の聴くことに徹することは、正しいのかな?どうなんだろう?

どうしてまた私のところに来たのだろう?

今でもよく考えます。

聴く姿勢のぎこちなさ、会話の間(ま)、セラピーの進み方。

初心者の頃や回数が少ない人は、上手ではないのは当たり前です。

話を聴くことが難しい、テキスト通りの傾聴はセッションの盛り上がりが感じられない、

となるとしても

話を聴く態度、姿勢を崩さずに、

目の前の方に気持ちを集中し、心から共感すること。

それは

愛する人・恋する人の話を聴くように。

愛する子供の話を聴くように。

どんな思いで目の前の方と向き合っていますか?

その姿勢は、必ずクライアントに伝わり、

セッションの深みが変わります。