オンラインTCカラーセラピスト講座を開講しました。


合計3日間にわたり、オンラインでのTCカラーセラピスト講座をしました。


TCカラーセラピーのステップ1、テキストを見ながらカラーセラピーができるTCカラーセラピストになれる講座です。




受講してくれたのは沖縄在住の女性。


TCカラー本部のHPにある講師一覧から直感で選んでくれました爆  笑

直感で決めらるってすごい!それに嬉しかったです。




1日目は色の正体とカラーセラピーの歴史。

色とは?光とは?色の仕組みの話と、


人類史とともに西洋思想(二元論、四元素論、三位一体)、心理学、スピリチュアルの移り変わりを見ながら


人と色との関わりを学びます。





2日目はカラーセラピーのセッション練習。


2つのカラーセラピーワークができるようになります。


選んだ色から自分とは何者かを見ていく「パーソナリティストーリーワーク」。


悩みや課題と向き合う「ハイヤーセルフとつながるワーク」。




講座の要である、


傾聴、フィードバック、リフレーミング、これはカウンセリングの基礎。



クライアントが自分自身をしっかりと見つめ、ありのままを受け入れられるための


セラピストが話を聞く際のテクニックです。




慣れるまでなかなか難しいですが、


これができるようになるとセラピーの質が変わります音譜




セラピーでは選んだ色で当たる当たらないは重要ではありません、


が、やっぱりなぜか不思議と自分を表している、その仕組みは講座中でも分かるのだけど、



何よりも大切なのは、色に意味や目的があるのではなく


クライアントがその色を選んだことに意味があるということ。


もっと言うと、その色を選んだことでどう感じたか、どんな想いが込み上げてきたか。



セラピーの主役はセラピストなのかクライアントなのか。



そこを意識すると自ずと傾聴ができるようになってきます。





、、、、となんと


セッション練習で力を入れすぎたため、3日目に突入してしまいました、、、。


大反省です。




「楽しかった。今まではただの色だと思ってたのに、自分のことを表していて面白かった」


とご感想。



今後はヒーリングの仕事をしながら色も活用をしていきたいとのこと。




カラーセラピーはセッションはもちろん、ヒーリングにも企業研修にも応用できるし、


特にセラピーと関わりのない方も受け入れられやすく、自分を知ることは本当に喜ばれるので


どんどん使っていって欲しいですね!




私も勉強になりました、本当にありがとうございました。




最新記事

すべて表示

イエローは色の中で一番明るく、色彩心理的に軽いと感じる色です。 カラーセラピスト講座の時、お互いにその人を色を選ぶとしたら?とカラーボトルを選ぶのですが 私はよくイエローを選ばれることが多いです。 私のイメージが明るくて飾っていない感じがするらしいのです。子供らしいとか面白いと言われますね。 そんな風を目指してはいないのですが、他人の目には映ってしまうようです。 イエローには、そのほかに信念、個人