【プロフィール作成】ライトワーカー/チャネラー岩谷文江さん

プロフィール作成、少しずつ書いております。

今回は、ライブインタビューに123人目ゲスト出演されたライトワーカー/チャネラーの岩谷文江さんです。

インタビューの内容をプロフィールとして書き上げました。


ご了承をいただいたので紹介します。




**********


岩谷文江


聖母の愛スピリチュアルチャネラー


福島県郡山市



■ご提供していること

・個人セッション

不安やお悩みをお聞きして、オラクルカードを使ったカードリーディングや、

高次の存在とのチャネリングからのメッセージを伝え、

自分が望む自分になれるサポートをする。




■見えない世界が好き、でも怖い

中学生の頃から、見えない世界や天使、心霊が好きで興味があったが、

不思議なものが見えることを怖いと感じ、見えることに蓋をしまう。




■子供が亡くなる悲しみ

ダウン症の息子をわずか一歳で亡くす。

その悲しみや不安、閉塞感は長い間薄れることはなくずっと引きずっていた。

その経験から「同じ立場のお母さんたちをサポートしたい」という気持ちが出てきたが、

その後3人の子供に恵まれて忙しくなり、一歩踏み出すことなく育児や仕事に追われ、

お母さんたちをサポートしたい想いも忘れてしまう。

現在は学童員の仕事をしており、職場での人間関係に悩むようになる。




■私がやりたかったことがここにある!スピリチュアルの世界

ひょんなことでスピリチュアルの講座が目に入り、受講することになる。

もともと好きだった世界のことを学ぶことで、蓋をしていた見える・感じる自分を解放できるようになってきた。

そして「私はスピリチュアルの観点から悩んでいるお母さんたちの手助けをしたい!」

という本当にしたかったことを思い出す。




■だれでも高次の存在と繋がれる

チャネリングを学ぶ中で、それほど苦もなく高次の存在につながることができ、

思いも寄らないチャレンジをするようになり、隠していた自分を出せるようになった。

「誰でもチャネリングができ、自分の可能性が広がるはず」

私のように自分らしく生きる人を増やしていきたい!




■障害の子を持つお母さんへの支援

ダウン症の息子が生まれた当時は発達や将来が不安で仕方がなかったが、

ママサークルで障害の子を持つ先輩お母さんの話を聞いて、

ゆっくりだけど成長できる、という先輩お母さんの話から先の見通しがついて安心した経験がある。

今悩まれているお母さんたちへ、私の経験とカードリーディングとチャネリングの力を生かして、

笑顔に生き生きと毎日を過ごすお手伝いをしたい。

辛いことを話すだけでも心は軽くなり本当の自分を取り戻せるので、

寄り添いながら一緒に行くべき道を探していくことが私の役割である。



■笑顔あふれて幸せが循環する社会へ

スピリチュアルの世界では、もともと自分が神様であり自分はなんでもできるという考え方がある。

色々な壁や障害があり、自分らしく生きることや働くことができないお母さんたちが、

自分を笑顔にでき、さらに相手も笑顔にできるようなライトワーカーという仕事で、

自分の力が発揮できるように導いていきたい。

そして、笑顔のエネルギーが循環する社会になるよう、私自身も常に高めながら活動していきたい。




ベル岩谷文江さんの感想です


>>今さらですが、プロフィールです

最新記事

すべて表示

プロフィール作成第7弾! ライブインタビュー125人目の木村あゆみさんのプロフィールを作成しました。 書くの楽しいですニコニコ ちょっと難しいなと感じることは、話の中で時系列を整理すること。 カラーセラピーのセッションでも、お客様のお話であるある。 特に感情が入った話は過去現在の時間感覚がつかみにくいので、 聞き手がきちんとまとめないといけないのです。 色々と勉強になりますね! そんなことも楽しい

プロフィール作成第6弾。 文章をまとめ上げていると、肩書きもひらめくことがあります。 すでにピッタリな肩書きをお持ちの方はそのままですが、 ご本人が使う使わない関係なく、ひらめいたものもご案内しています。 なんとなくですが、見た人にイメージの伝わりやすい肩書きのコツが 分かるような気がしてきましたし、 「今」と「その先の未来」もイメージした肩書きがいいのかなあ?なんて フワフワっと感じています。

少しずつプロフィール作りを進めています。 作成は「話を聴くこと」から始まっています。 約2時間、私からの質問に自由にお話ししていただきます。 本当に自由です。 自由に思いの丈をお話しできる雰囲気作りも大事ですね。 話の中から、思いがけないその方の「核」を見つけることができますベル ご本人は当たり前で気づいていなかったかもしれないけど、 他人から見ると素晴らしいものです。 過ごしてきた過去も、 その